• トレーニング

寝る前10分間のヨガが更年期症状を改善する

更年期症状とは

「更年期症状」と聞いてどのようなイメージを抱くでしょうか?

イライラする、火照る、不眠…etc

 良いイメージのない「更年期」ですが、そもそも更年期とは何なのでしょうか?

「更年期」とは卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの分泌が減少する「閉経を迎える前後の期間」のことをいいます。

更年期が始まる時期には個人差がありますが、40代半ば(月経異常・月経不順が続く方が多い)頃といわれています。

更年期女性の4人に1人が迎うつ症状になるという調査もあります。

更年期症状を改善する方法にはホルモン補充療法や食事療法、運動療法などありますが、この時期の女性の多くは仕事や家事に忙しく、自分のための時間が取りづらいという問題もあります。

日常生活の中で改善する方法はないものはないものでしょうか。

「寝る前の10分間のヨガが更年期症状に有効!」

 研究チーム(明治安田厚生事業団体力医学研究所の甲斐裕子氏ら)は、何らかの更年期症状のある働く女性(平均年齢51歳)40人に協力してもらい、寝る前に10分間、ヨガの動きを取り入れたストレッチを3週間継続するストレッチ群と、ヨガを行わない比較群に分け、3週間後に両グループの症状の変化を調べました。症状の検査は、医療機関でよく使われる自己申告による「簡易更年期指数」と「抑うつ度指数」を用いました。

 行なったヨガのポーズは、「英雄のポーズ」「鶴のポーズ」「子どものポーズ」「バッタのポーズ」「全身の伸び」「死者のポーズ」の6つを組み合わせて全身をリラックスさせます。

英雄のポーズ:



鶴のポーズ:


子どものポーズ:


バッタのポーズ:

 

全身の伸び:

 

死者のポーズ:

   


その結果、ストレッチ群では3週間後に更年期症状と抑うつ度が正常レベルまで改善し、比較群では両方の数値とも変化はみられませんでした。

更年期症状は、女性ホルモン(エストロゲン)の減少によって自律神経のバランスが乱れることで生じますが「ヨガによって交感神経の働きを抑え、副交感神経を活性化し、自律神経のバランスを回復させた」と、研究グループで推測している。

寝る前のストレッチは忙しい女性でも実施しやすく、働く女性の具体的な健康支援策になる可能性があります。日々の小さな習慣の変化で、辛い毎日が劇的に変化するなんて素晴らしいですね。「更年期だから仕方がない」と我慢して生活するよりも、「更年期」と向き合う姿勢こそが辛い時期を乗り越える第一歩なのかもしれません。

参考:
Effects of stretching on menopausal and depressive symptoms in middle-aged women: a randomized controlled trial
http://journals.lww.com/menopausejournal/Fulltext/2016/08000/Effects_of_stretching_on_menopausal_and_depressive.4.aspx


当社は、この記事の情報、プログラム及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、最新性、有用性、目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。