• お知らせ

エルゴジェニック・ライフについて

エルゴジェニック・ライフはユカシカド社が運営する「いつも絶好調でいるためのメディア」です。

我々は健康課題の解決の為、エルゴジェニック・フードの開発・研究を事業としております。

今後も含めて全体を通してのエルゴジェニック・ライフの考えはシンプルです。

各自が持っている目標の達成に向けて活力的に活動している生活の実現です。

エルゴジェニック・フードとは

エルゴジェニックという言葉自体が最近使われるようになったもので、あまり馴染みがないと感じられる方が多いでしょう。

「ERGOGENIC - エルゴジェニック」という訳語には「活力を与える」という意味の"賦活"が相当し、エルゴジェニック・フードは「賦活食品」ということになります。

みなさんがイメージされるものとしてもっとも近いのは「サプリメント」として流通している製品です。

サプリメントとエルゴジェニック・フードの違いは、製品の違いにあります。

サプリメントは、自然界に存在しない合成素材から生成されたものです。一方、エルゴジェニック・フードは、食品と同様に天然の素材を加工したものになります。 エルゴジェニック・フードとベースサプリメント(ビタミン・ミネラル)に共通していることは食事で不足する栄養素の摂取を補助することにより、いつでも勝負できる絶好調の状態をキープすることです。

絶好調をキープする食品、まるでドーピングに関係ありそうな響きですが、もちろん全く異なるものです。 そして、もちろんアスリートに限っての話ではありません。我々働く人にとっても「いつも絶好調のほうがいい」という考えに反対する人はいないでしょう。

「いつも絶好調」でいる為に

「いつも絶好調」でいる為に必要な情報は、今や一見、事欠かないように見えます。

1990年頃から国民の健康意識が高まりテレビやインターネットでサプリメントや健康食品の認知は広まり、国内医療費の高騰への対策として国が予防医学を進める中で法整備や規制緩和が実施され、空前の一大ヘルスケア市場が形成されてきました。

様々なメディアから目にするような、マーケティングに乗りやすい情報をざっくりまとめると以下のようなものになるでしょう。

  • トレーニング
  • 美容・ダイエット
  • 生活習慣病・その他重大な病気の予防
  • 疲労回復

ほとんどの情報がこれらの文脈の中で語られ、毎日のように飽きることなく流れており、多く人が関心を持ち続けていることがわかります。

しかし、これらの膨大な情報から我々が「いつも絶好調」である為の方法を知り、実践するには具体的にどうすればいいのでしょうか。

一言でいうと、「己を知り、敵を知る」しかありません。

栄養の摂取基準

なぜ「己を知り、敵を知る」が重要か? 「自分の体格・ライフスタイルでは日常的にどの栄養素をどれくらい摂取する必要があるか」これを毎日意識することを考えるだけでも難しいことがわかってもらえるでしょう。

健康増進の為に日常的にトレーニングをおこなってる人、アスリートのみなさんには釈迦に説法になってしまいますが、前提を共有することが重要なので基本となる知識をおさらいしていきます。

厚生労働省が定める栄養摂取基準

厚生労働省が5年に一度「「日本人の食事摂取基準」を定めています。

日本人の食事摂取基準:

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/syokuji_kijyun.html

ここでは、性別、年齢別で毎日どの栄養素をどの程度摂取するべきかの目安を定めています。

そして我が国の健康食品、サプリメントの開発から学校給食の献立までこれらの基準が参考にされています。

医学・栄養学などの専門家によって、病気予防・健康障害の回避などを目的に、可能な限り科学的に根拠に基いて制定されています。 最低限の目安量を知るのには十分だと言えますが、その一方でトレーニング時にプロテインやBCAAなどのサプリメントを必要と考えられていることとはどういう関係があるのでしょうか。 また、この摂取基準が更新されていることから分かるように新たに研究の結果明らかになったことが反映されていることがわかります。

新たな発見により常識が非常識になったり、ライフスタイルによって食事要件も異なることが明らかになりつつあります。
ひとりひとりが健康リテラシーの向上させていくことに「いつも絶好調」でいる為の鍵があると考えています。

健康と栄養の関係は十人十色

一般的にわかりやすいのは筋肥大を目的としたプロテインの摂取や、筋肉の分解を防ぐためのBCAAの摂取などでしょうか。 他にも、発汗量が増えるとミネラルが失われるので補給の必要性が増え、運動によって酸素消費量が増えるので抗酸化作用を持つビタミンCやの必要量が増えたり、摂取エネルギーによって代謝に必要なビタミンB群の必要量も増大することが知られています。

詳しいことは今後の記事で掘り下げていきますが、カラダと栄養素、栄養素同士が相互に関連しており、言うまでもなくバランスが最重要です。 そして、その人の体格やライフスタイル、目的によって「いつも絶好調」でいるための方法が相対的であると言えます。

今後

これからエルゴジェニック・ライフでは主にトレーニング・食生活の観点から、エルゴジェニック・フードの研究・開発で得たノウハウや、専門家のアドバイスなどを活用して、実践的かつ持続可能なノウハウを発信していき、多くの人の「いつも絶好調」に貢献していきます。

エルゴジェニック・ライフ編集部

当社は、この記事の情報、プログラム及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、最新性、有用性、目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。